2011年08月03日

榎本ナリコ 『センチメントの季節』



この漫画を人に勧めると、2〜3ページぺらぺらとめくって
「なんだ、エロ漫画じゃん」
と言うのだけれど、ちょっと待ってほしい。

まあ確かにエロ漫画には違いないのだけど、ただのエロ漫画ではないのだ。
ちょっと我慢して読んで欲しいのである。

『センチメントの季節』は、女子高生を主人公にしたオムニバスストーリー形式であり
その全てにセックスシーンがあるが、エロいというよりむしろけだるいと言ったほうがいい。
思春期の少女の性を、女性作者の自虐的で生々しい視点から描いている。

少女たちはみな物憂げだ。
自らの実質的な矮小さと、男たちが自分の性に群がってくるという事実との間に
どうしようもない不条理を感じている。
そして開花していく肉体とは反比例して、精神は不感症に陥っていく。

彼女たちは自分が花であることを自覚している。
そして、花が散っていくことも当然予見している。
彼女たちは退廃的にセックスし、金のために売春もするが、
それは快楽のためでなく、むしろ自傷的な衝動の成せる業であるのだと思う。
いや、もしかしたら快楽を求めること自体が自傷なのかもしれない・・・

読後、非常に虚無的な気分になるという稀有なエロ漫画である。

また、台詞回しにかなりのセンスを感じる。
じっとりとした部屋の中で、男と延々とセックスしている女子高生がその部屋を
「沼の底」みたいだと表現しているシーンがあったが、あれは素晴らしかった。

作者は榎本ナリコという方だが、僕は『センチメントの季節』以外読んだことがない。
きっとほかも面白いだろうと思うのでチェックしてみよう。



posted by sandman at 23:30| Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エドワード・ゴーリー 『不幸な少女』


エドワード・ゴーリーの『不幸な少女』。
知人女性の誕生日プレゼントを選んでいるときに、ひと目惚れして購入した。
まずタイトルが良い。僕は基本的にタイトルで本を買う。
どの本を読むかは、純粋に「出会い」でしかない。であれば、第一印象はとても重要だし
実際、タイトルが面白そうな本はだいたい面白い。
そこらへんは経験と勘の世界である。

さて、『不幸な少女』は主人公の少女がひたすらに不幸のどん底に落ちていくだけの話だ。
身も蓋もない紹介だが、実際にそうなのだから仕方がない。
そんな話のどこが面白いのかとお思いだろうが、そんな話がなんだか面白いのが
人間の面白いところだ。僕は悪趣味を悪趣味であるとカラカラ笑える人間が好きである。

しかしながら、これを贈った知人女性は
「この娘、悪い男に引き取られた後、性的虐待を受けていないじゃない。駄目ね。」
と言っていた。
とんでもないことを言う女だ。
でもなんだかんだ結構気に入ってくれた。






posted by sandman at 22:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

javadoc翻訳 〜Activity編〜(6)last

Process Lifecycle

The Android system attempts to keep application process around for as long as possible, but eventually
will need to remove old processes when memory runs low. As described in Activity Lifecycle, the decision
about which process to remove is intimately tied to the state of the user's interaction with it. In general,
there are four states a process can be in based on the activities running in it, listed here in order of
importance. The system will kill less important processes (the last ones) before it resorts to killing more
important processes (the first ones).
プロセス・ライフサイクル

Androidシステムはアプリケーションプロセスを可能な限り長く保とうとするが、いずれはメモリ不足により古いプロセスを
破棄する必要がでてくる。Activityのライフサイクルのトピックにおいて記述した通り、プロセス破棄の決定は、その
プロセスがユーザに対するどのようにインタラクトしている状態であるかに深く関わっている。通常、プロセスは自身の中で
動作しているActivityに基づいて、4つの状態を取りうる。以下はそのリストである。システムは、重要なプロセスをKILLしてしまう
前に、より重要度の低いプロセスをKILLしようとするだろう。

1)
The foreground activity (the activity at the top of the screen that the user is currently interacting with)
is considered the most important. Its process will only be killed as a last resort, if it uses more memory than
is available on the device. Generally at this point the device has reached a memory paging state, so this is
required in order to keep the user interface responsive.

2)
A visible activity (an activity that is visible to the user but not in the foreground, such as one sitting
behind a foreground dialog) is considered extremely important and will not be killed unless that is required
to keep the foreground activity running.

3) A background activity (an activity that is not visible to the user and has been paused) is no longer critical,
so the system may safely kill its process to reclaim memory for other foreground or visible processes. If its
process needs to be killed, when the user navigates back to the activity (making it visible on the screen again),
its onCreate(Bundle) method will be called with the savedInstanceState it had previously supplied in
onSaveInstanceState(Bundle) so that it can restart itself in the same state as the user last left it.

4)
An empty process is one hosting no activities or other application components (such as Service or BroadcastReceiver
classes). These are killed very quickly by the system as memory becomes low. For this reason, any background
operation you do outside of an activity must be executed in the context of an activity BroadcastReceiver or
Service to ensure that the system knows it needs to keep your process around.

1)
最前面のActivity(ユーザが現在インタラクトしている最上位のActivity)は最重要だとみなされる。このActivityを
有するプロセスがKILLされるのは、このプロセスがデバイスの許容範囲外のメモリを使用した場合のみである。一般的に、
このような場合、端末はメモリ・ページング状態にあり、従ってこの対処はユーザインタフェイスを応答不能にしないために
実行されるものである。

2)
視認可能なActivity(最前面ではないが、ユーザから視認可能なActivity。例えば、ダイアログの後ろにあるActivityなど)
もまた極めて重要だとみなされる。このプロセスは最前面のプロセスを保持する目的以外でKILLされることはない。

3)
バックグラウンドのActivity(ユーザから視認できず、ポーズされたActivity)はすでに最重要とはいえない。従って、システムは
ほかの最前面にあるプロセスや視認可能なプロセスのメモリを確保するために安全にKILLすることができる。もしこのプロセスを
KILLする必要があるならば、ユーザがバックボタンでそのActivityに戻ったとき(つまり、再び視認可能になったとき)、
以前にonSaveInstanceState(Bundle)で保存されたsavedInstanceStateと共に、そのActivityのonCreate(Bundle)メソッドが
コールされるだろう。これにより、そのActivityは最後にユーザが残していったままの状態で再構築できるのである。

4)
空プロセスはActivityもほかのアプリケーションコンポーネント(ServiceとかBroadcastReceiverとか)もホスティングして
いないプロセスである。これらはシステムがメモリ不足になると直ちにKILLされる。したがって、Activity外でいかなる
バックグラウンド処理を行うにしても、それはActivityのBroadcastReceiverなりServiceなりのContextないで実行しなければ
ならない。そうしないと、システムがそのプロセスを保持するべきだと認識できないからである。

javadoc翻訳 〜Activity編〜(1)
javadoc翻訳 〜Activity編〜(2)
javadoc翻訳 〜Activity編〜(3)
javadoc翻訳 〜Activity編〜(4)
javadoc翻訳 〜Activity編〜(5)
posted by sandman at 00:14| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする