2011年08月03日

榎本ナリコ 『センチメントの季節』



この漫画を人に勧めると、2〜3ページぺらぺらとめくって
「なんだ、エロ漫画じゃん」
と言うのだけれど、ちょっと待ってほしい。

まあ確かにエロ漫画には違いないのだけど、ただのエロ漫画ではないのだ。
ちょっと我慢して読んで欲しいのである。

『センチメントの季節』は、女子高生を主人公にしたオムニバスストーリー形式であり
その全てにセックスシーンがあるが、エロいというよりむしろけだるいと言ったほうがいい。
思春期の少女の性を、女性作者の自虐的で生々しい視点から描いている。

少女たちはみな物憂げだ。
自らの実質的な矮小さと、男たちが自分の性に群がってくるという事実との間に
どうしようもない不条理を感じている。
そして開花していく肉体とは反比例して、精神は不感症に陥っていく。

彼女たちは自分が花であることを自覚している。
そして、花が散っていくことも当然予見している。
彼女たちは退廃的にセックスし、金のために売春もするが、
それは快楽のためでなく、むしろ自傷的な衝動の成せる業であるのだと思う。
いや、もしかしたら快楽を求めること自体が自傷なのかもしれない・・・

読後、非常に虚無的な気分になるという稀有なエロ漫画である。

また、台詞回しにかなりのセンスを感じる。
じっとりとした部屋の中で、男と延々とセックスしている女子高生がその部屋を
「沼の底」みたいだと表現しているシーンがあったが、あれは素晴らしかった。

作者は榎本ナリコという方だが、僕は『センチメントの季節』以外読んだことがない。
きっとほかも面白いだろうと思うのでチェックしてみよう。



posted by sandman at 23:30| Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。