2011年08月03日

榎本ナリコ 『センチメントの季節』



この漫画を人に勧めると、2〜3ページぺらぺらとめくって
「なんだ、エロ漫画じゃん」
と言うのだけれど、ちょっと待ってほしい。

まあ確かにエロ漫画には違いないのだけど、ただのエロ漫画ではないのだ。
ちょっと我慢して読んで欲しいのである。

『センチメントの季節』は、女子高生を主人公にしたオムニバスストーリー形式であり
その全てにセックスシーンがあるが、エロいというよりむしろけだるいと言ったほうがいい。
思春期の少女の性を、女性作者の自虐的で生々しい視点から描いている。

少女たちはみな物憂げだ。
自らの実質的な矮小さと、男たちが自分の性に群がってくるという事実との間に
どうしようもない不条理を感じている。
そして開花していく肉体とは反比例して、精神は不感症に陥っていく。

彼女たちは自分が花であることを自覚している。
そして、花が散っていくことも当然予見している。
彼女たちは退廃的にセックスし、金のために売春もするが、
それは快楽のためでなく、むしろ自傷的な衝動の成せる業であるのだと思う。
いや、もしかしたら快楽を求めること自体が自傷なのかもしれない・・・

読後、非常に虚無的な気分になるという稀有なエロ漫画である。

また、台詞回しにかなりのセンスを感じる。
じっとりとした部屋の中で、男と延々とセックスしている女子高生がその部屋を
「沼の底」みたいだと表現しているシーンがあったが、あれは素晴らしかった。

作者は榎本ナリコという方だが、僕は『センチメントの季節』以外読んだことがない。
きっとほかも面白いだろうと思うのでチェックしてみよう。



posted by sandman at 23:30| Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エドワード・ゴーリー 『不幸な少女』


エドワード・ゴーリーの『不幸な少女』。
知人女性の誕生日プレゼントを選んでいるときに、ひと目惚れして購入した。
まずタイトルが良い。僕は基本的にタイトルで本を買う。
どの本を読むかは、純粋に「出会い」でしかない。であれば、第一印象はとても重要だし
実際、タイトルが面白そうな本はだいたい面白い。
そこらへんは経験と勘の世界である。

さて、『不幸な少女』は主人公の少女がひたすらに不幸のどん底に落ちていくだけの話だ。
身も蓋もない紹介だが、実際にそうなのだから仕方がない。
そんな話のどこが面白いのかとお思いだろうが、そんな話がなんだか面白いのが
人間の面白いところだ。僕は悪趣味を悪趣味であるとカラカラ笑える人間が好きである。

しかしながら、これを贈った知人女性は
「この娘、悪い男に引き取られた後、性的虐待を受けていないじゃない。駄目ね。」
と言っていた。
とんでもないことを言う女だ。
でもなんだかんだ結構気に入ってくれた。






posted by sandman at 22:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。